セラピストの現状

セラピストは働きやすい

セラピストと言っても、マッサージなどを行うボディ系に気功などを使うメンタル系にカウンセラーに近い心理系と種類があります。
それぞれの状況は違い、現状も多少異なっています。

ボディ系のセラピストは、セラピーというとこれを思い浮かべる人も多く、お店も沢山あります。
そんために働く人も多く、すこし供給過剰気味であるといえます。
多くの方はスクールなどで技術を学び、そしてどこかのお店で働くというのが一般的であり、最初から開業してお店をもちやっていくと言う人は少ないです。

メンタル系のセラピストは、こちらは技術を身につけると、その後すぐに開業する人が多いです。
このために店を持つだけの資金と同時に、営業能力も求められ、顧客を上手く集めていかなければいけません。
また一つお店を持つだけでは収入が苦しく、複数のお店を持っている人がほとんどです。
お店を持つ人も多いのですが、その反面お客集めに苦しむお店も多いです。

心理系のセラピストは、どちらかというと、心理カウンセラーとして働く場合は多いです。
仕事場は、自分でカウンセリング会社を立ち上げる人もいますが、さらに資格を取得して学校や企業で働く人もいます。
その資格が臨床心理士であり、大学卒業後大学院行き、その後資格試験を受けて取得します。
心理系セラピストは、需要は多い方です。

給与は低い

セラピストとして、どこかのお店に雇われて働く場合は、多くのかたは給与は低い場合が多いです。
場合によっては歩合制となり、客が付かないと給与が上がらないようなところもあります。
給与面だけを見て働くとやはり他業種と比べると低く感じますが、それ以外にもセラピストはお客さんに癒しを与えるという大きなやりがいもあります。
これは他の職業にはないことです。

仕事をして技術を磨き固定客が付けば、給与も上がっていき、いずれは独立開業も可能です。
開業すると言っても、店舗を構えるのではなく、自宅などの一室をサロンとして改装し、そこで営業をする人も最近は増えてきました。
これなら開業資金も店舗を持つよりも少なくて済み、開業しやすいです。

セラピストとして仕事をしていく上では、常に技術向上を目指して勉強していくことは大切です。
セラピストの数は多いですが、その分技術が未熟なまま仕事をしているようなセラピストも多く、お客さんに不満を与えるような場合も多いです。
もしもセラピストとして、技術向上を目指すなら、少ないですが関連する資格を取得するのも一つの方法です。
民間団体が発行しているものがあり、国家資格ではないですが、このような資格を取得すれば、一定以上の技術を持っている証明にもなり、お客さんにも安心感を与えます。