セラピストの学校

セラピストになるために

セラピストになろうとするなら、道は大きく2つあります。
一つはサロンやセラピーを行っているお店に就職し、そこで技術を磨いていく方法です。
この場合は、もしもセラピストとして未経験なら、未経験可というところを探さなくてはなりません。

そしてもう一つの方法は学校へ行って技術と知識を学んで、その後セラピストとして働く方法です。
セラピストと言ってもボディ系から心理系にメンタル系やまたは資格を取得しないと働けない臨床心理士もあります。
どのようなセラピストになりたいか、まずは具体的なイメージを持ち、そしてそのようなセラピストになるには、学べるスクールがあるかどうか調べると良いでしょう。

セラピストになるための学校

まずボディ系のセラピストの学校なら沢山あります。
学校には週1回から2回ほど通い、早くて数ヶ月長くて1年ほどで卒業です。
このボディ系のスクールはとにかく数が多く、新規参入するスクールも多く、そのために学校毎に技術が違います。
中には、中途半端にしか技術を教えないところもあるので、学校選びは重要です。
アロマの知識なども必要なので、しっかりとカリキュラムを組んでいるところに行くのが良いです。

心理系のセラピストの学校なら、学校が多く、また一般的な心理セラピーの他にアートセラピーや音楽セラピーなどを教えている学校もあります。
心理セラピストと言っても、どのようなセラピーをしたいかでその施術内容も変わってきますので、こちらもまずは何をしたいか具体的に決めるべきでしょう。
それをふまえた上で自分のしたいことを教えてくれる学校を探すべきです。

メンタル系のセラピストなら、こちらはカウンセラーに近いような感じとなります。
専門の資格を発行しているような団体の講座などを受けると技術を学べます。
様々な手法が確立されていますので、まずはその講座で何を学べるか調べて、納得したら講座を受けてみましょう。

そして臨床心理士です。
こちらは、公的にも資格として発行されているものであり、この資格をとれば学校や企業などの心理カウンセラーになれます。
上記のボディセラピストなどとは、仕事場も仕事内容もまったく違います。
この資格を取得するなら、まずは4年制大学を卒業し、その後大学に行って心理学を専攻し、そして臨床心理士の試験に合格しないといけません。

養成学校というと、中には短期間の受講で卒業できるような学校もあります。
早いと1日だけ受講すれば修了するような学校もありますが、このようなスクールは、とうぜん習う期間が短いので十分に技術を得られない場合がほとんどです。
このような学校で習っても、実際の仕事ではあまり役には立たないでしょう。