セラピストに必要な資格

資格は必要か?

セラピストになるためには、仕事をする上では資格は必要なくても構いません。
資格が無くても仕事をすることができ、技術や知識さえあれば仕事は出来ます。
未経験で働く場合は、資格も技術も何もないと厳しいですが、すでに経験者として再度働くなら技術さえあれば雇ってくれるところはあります。
もしもスクールに通って、そこで技術を学びセラピストとして働こうと思うような場合でも、資格は取得しないで仕事に就くような方も沢山います。

しかしながら、民間団体が発行するものですが、セラピストの資格はあります。
これは国家資格ではなく、民間団体が独自で発行しているものですが、このような資格を取得すると、セラピストとして十分な技術を持っていることの証となりますので、就職する場合には有利に働きます。
技術を磨くためにも取得するという人もいます。

セラピストは資格としてはこの民間の資格しかありませんが、数多くいるセラピストの中には、技術が未熟なまま仕事をしている人もいます。
そのようなことを避けるためにも、セラピストとして確かな技術を持ち仕事に就いているという証明にもなり、お客さんにも安心感を与えます。

セラピストの資格

セラピストの資格としてはいくつか種類があります。
まずアロマテラピーアドバイザーです。
日本アロマ環境協会が認定している資格であり、アロマテラピーを使ってセラピーをしたい人向けの資格です。
これはアドバイザーとインストラクターの2種類あります。

アドバイザーはアロマテラピー検定の上位資格です。
アロマテラピー検定1級に合格すると、アドバイザーの講習会かスクールに通うことで与えられます。
そしてこの資格を得ると、インストラクターやアロマテラピスとの試験を受けれます。
これらの資格はアロマテラピーを行うときには必須ではなく、資格があれば就職で有利に働きます。
中にはスクールによっては、この資格取得を目指さずに、独自の技術で教えているようなところもあります。

そしてもう一つの資格が臨床心理士です。
これは心理セラピーや心理カウンセラーを行うときは必須の資格であり、こちらはこのような仕事をするときには必ず取得しないといけません。
資格取得方法は、心理学科の大学を卒業し、大学院で心理学を専攻し、その後試験を受ける道が一般的です。

資格を取得すると企業や学校や福祉施設で働くことが出来るようになり、患者への施術が認められます。
セラピストとはまったく違う仕事であり、医師の指導の下で時には精神療法を行うこともあり、治療行為を行うこともあるのです。
心理学を学んで心理療法などを行いたいと思うような場合には、この資格取得を目指すのも良いかもしれません。