セラピストへの転職

セラピストの状況

セラピストは人気のある職業であり、なりたいと言う人は多いです。
特にボディ系のセラピーをを行う人は多く、そのようなお店も巷に溢れています。
供給過剰気味であるといっても良いでしょう。
しかしセラピストはお客さまとの商売なので、技術を向上させコミュニケーションを取っていけば固定客も増えていき、収入が安定することも可能です。

仕事を始めようと思うなら、未経験でも雇って教えてくれるところは少しはありますが、やはり技術がないとすぐに仕事というのは難しいでしょう。
仕事をするには特に資格は必要ないので、技術さえ習得できれば仕事は可能であり、多くのかたはスクールに通って技術と知識を学びます。
他業種からでも転職しやすいでしょう。
ただし待遇面はあまり良くはないので、仕事を辞める人も多いです。

給与は低い

セラピストの給与は低いです。
固定給として給与が毎月支払われるところもありますが、中には歩合制となっているところもあり、お客さんがつかないとそれだけ給与が低くなります。
特に歩合制だと、技術が未熟な間はお客さんも少ないので、固定客が付くまでは、低い給与で働くこととなります。
場合によっては、セラピストだけでは生活できないので、他のバイトをすることもあります。
また福利厚生なども無い場合が多いので、その点は自分で補わないといけません。

しかし技術を磨いていけば、そのうち独立して自分のお店を持つことも可能です。
そうなればオーナーとなり、店が繁盛すれば、その収入はセラピストとして雇われて働いている時とは比べものにならないぐらい、高収入となります。
技術を磨き、人脈を広げていけば、繁盛するお店にすることも出来ます。

セラピストのやりがい

セラピストとして志を持った頃は、収入が低い場合が多いです。
そのような時には、収入面だけを見ると、他の仕事を探そうかと思うような人も出てきますが、セラピストのやりがいは給与だけではありません。
セラピーを行い人に癒しを与えるのが仕事であり、癒しで人の役に立ちたいと思うような人には最適の仕事です。

癒しを与える仕事というのは、サラリーマンやOLなどでは無理であり、特殊な分野の仕事であると言えますが、それだけに癒しを求めて来るお客さんも多く、感謝されることも多いです。
実際に施術を行って、お客さんが癒されて良い方向へ変化していくのをみるのも、嬉しいものです。
このようなことは、他の職業にないことです。
またあなたの技術が上がっていき、お客さんとのコミュニケーションをとって信頼を得ていけば、固定客になるようなこともあります。
そのような時にはあなたでなければ施術して欲しくないと言うような、指名客も出てくるので、それもまた嬉しく感じるでしょう。