フラワーエッセンスセラピー

フラワーエッセンスセラピーとはどういったものなのでしょうか。みなさんは花のにおいに気持ちが落ち着いたことはありませんか?または植物を見ていただけで何故か心が落ち着いたり、穏やかな気持ちになった経験はありませんか?

フラワーエッセンスセラピーは、植物や鉱物、自然環境にあるものなどから作られたエッセンスです。そのエッセンスを用いて、心が沈んだ人や、気持ちを上げていきたいという人のサポートを行うのです。

こう書いてしまうとアロマテラピーとそう大差ないではないかと思われるかもしれませんが、アロマとはおおきく異なるセラピーなのです。

もちろんエッセンスを取り出すという意味ではアロマとそこまで相違ないかもしれません。フラワーエッセンスセラピーでは取り出すものが香りではなく、エッセンスなのです。エッセンス自体にはアロマや漢方のように良い香りはありませんが、そのものがもつエネルギーを取り出し、それを自分のエネルギーとして取り入れることで問題を解決する力を得ることができるのです。

自然界のものから取り出したエッセンスなので、その対象がもつそれぞれの性質がエッセンスに含まれます。セラピーを受ける人の状態を見てエッセンス独自の性質をうまく取り入れて心の重圧からの開放のサポートを行うのです。

過去の経験から自分に自身がない、対人恐怖症がある、やる気がでないなどの心が原因のトラブルにこのフラワーエッセンスセラピーは効果があると言われています。自分を作っているのは自分自身。その自分自身の心ががちがちに凝り固まっていると本来進むべき方向に進めなくなってしまうのです。これまでの人生の中でその人の本来の力を出せないようになってしまう経験がもしあるとしたら、それを乗り越えないと先に進めないですね。困難を乗り越えることは非常に難しく、そのため人は進行する方向を修正しながら進んでいくのです。それが積み重なると、本来考えていたこととは全くことなる方向に進んでいることに気づきます。しかもそのことで人生が思わぬ方向に進んでいたとすればどうでしょう。考えると怖いことですね。

フラワーエッセンスセラピーはそういった固まった観念をほぐし、その人の中に眠っているスピリットを開放する手助けをするのです。そうして本来進みたいと思っていた方向に進むパワーを得ることができるのです。

人は病気になったり気が落ち込んだりすると、その人が持つオーラが歪むと言われています。その歪みを正しい方向に修正してくれるのがフラワーエッセンスセラピーなのです。