エンジェルセラピー

エンジェル・セラピーとは、ドリーン・バーチュー博士によって広められているセラピーで、いかなる宗派にも属さない考え方で、天使とつながることで日常生活を豊かにするスピリチュアル・ヒーリングメソッドです。

守護天使や大天使など、すべての人には一人ひとり天使が属していると言われています。エンジェル・セラピーではその天使からのメッセージを受け取り、日常の様々な場面に癒やしを与えてくれます。神や天使の声に耳を傾け、一人ひとりに存在する天使達のメッセージを受け取ることで、生活の中に平和が訪れるのです。そうして日常にある困難からの脱却や、さらなる豊かさを手に入れ、素晴らしい人生を送る助けを与えてくれるのがエンジェル・セラピーなのです。

エンジェル・セラピーは1996年以降ドリーン・バーチュー博士がワークションを実施し、それぞれに存在する天使の存在と、その声に耳を傾けることによる自身の生活に対する効果を説いてきました。そうしてドリーン・バーチューの教えを学んだ生徒により更にエンジェル・セラピーが広められて、現在に至ります。

エンジェル・セラピーは迷いや恐れをなくし、人間一人一人が本来持つスピリチュアルな方向に進むように導いてくれます。人が本来受けるべき癒やしを物質的なものではなく、心に対する助言として、天使や神のメッセージに耳を傾けることで、素晴らしい人生を送れるように人を導いているのです。

天使のメッセージは、自分に正直に、食生活を正しくなどの10個の教訓を人に与えています。また天使の声を聞く手段として、夢に出てきてもらうような働きかけも行います。夢を見ている間は自分自身が素直な自分として開放されていると考えるのです。そして言葉にだして天使に夢にでてきてもらうようにお願いをすることで、天使からの進言を夢の中で受けるのです。そうすることで自分をリセットし、自分にポジティブなメッセージを受け取ることができるのです。

その他にも天使の声を取り入れるための様々な方法が存在します。そしてスターピープルと呼ばれる異星人との交流についてもドリーン・バーチューは語っています。そして自身が体験した様々な声をたくさんの人々と共有することによって、たくさんの人の人生を豊かなものにしようと試みています。そこにあつまったたくさんの人々はこれまでにない概念や声を聞くことで、人生を前向きに、そして活力あるものとして人々の心を開放してるのです。