セラピストとカウンセラーの違い

混同しやすい「セラピスト」と「カウンセラー」

「セラピスト」と「カウンセラー」は非常によく似た仕事です。
そのため、それを利用する人ばかりか実際にいずれかとして仕事をしている人自身もしばしば混同していることがよくあります。

しかし厳密に言えばこの2つは根本的に異なる役割をしており、利用をする側にとってもそれぞれ適した症状が異なってきます。

一方でセラピストとカウンセラーが行う施術は完全に独立分離されているものではなく、お互いにかなり近い部分があったり、中には全く同じことをするということもあったりします。

無理やり必ずどちらかに区別をされなければならないというものではありませんが、それでも訪れる患者さんやクライアントにとって満足度の高い施術をしていくためには、その違いをきちんと施術者側が理解をしておくということは大切だと言えます。

セラピストとカウンセラーの大きな違い

セラピストは日本語に直訳をすると「治療士・療法士」というふうに言われます。
仕事の起源となっているのは精神医学の分野であり、何らかの心理面・精神面でのトラブルに対して積極的な治療を行っていくのが役割となっています。

日本においては「セラピスト」というとどうしても後発的な職業である「アロマセラピスト」や「カラーセラピスト」といったような無資格でも仕事をすることができる美容的な仕事の方が印象が強くなっていますが、本来的な「Therapist」という言葉の使い方としては、「心理療法士(Psycho Therapist)」や「理学療法士(Physical Therapist)」といったものの方が長い歴史をもつ仕事となっています。

そのような元来としての「セラピスト」では、精神医学を中心とした医学的な知識や技術をもとに治療施術を行っていく仕事というふうに言えます。

一方のカウンセラーですが、これは日本語では「相談員」というふうに言われています。
それは実際の業務においては直接的な治療を行うのではなく、悩みを持つ人の話を聞き出しその心の中にある本人も気づかないような問題や解決方法を探るということが基本的な仕事となっています。

日本においては「カウンセラー」という仕事の歴史が比較的浅く、また特に必要とされる国家資格などがないことから仕事内容の大半が施術をする本人の裁量となっていることがほとんどとなっています。
そのため「カウンセラー」といいつつ何らかの積極的な治療を行ったりするようなこともあるようです。

業務のラインは非常に曖昧です

厳密な線引で「セラピスト」と「カウンセラー」を区別することは、例えできたとしてもあまり現実的とはいえません。

というのも何らかの心理的な悩みを持ち、その解決を望んでいる人の全てが「セラピスト」だけ、「カウンセラー」だけの施術で十分というわけではないからです。

自分の悩みをしっかり聞いてもらいたいけれども最終的に何らかの治療法を示してほしい、という人もいれば、反対に確実な治療を受けたいけれどもその過程において自分の話を聞いてもらいたいというふうに考える人もいるためです。

現在のところ「セラピスト」「カウンセラー」のいずれを名乗るかは施術を行う本人の好みということになっていますが、患者さんやクライアントに対してはどのような方針をもって治療にあたるかなどをしっかりと示しておくようにすることが親切といえるでしょう。