カテゴリー別アーカイブ: セラピストになるために

セラピストの給料

給与は低い

セラピストは資格無しで働ける仕事であり、技術があれば雇ってくれるところが多いです。
しかしながら待遇面や給与面を見ると、他の職業と比べると低いです。
地域によっても給与は多少の差はありますが、一般的な場合は年収200万円台であり、資格が必要な臨床心理士でも300万円台が多いです。

これは額面での給与であり、この金額から税金や福利厚生などを引くと、手取額はさらに低くなります。
中には福利厚生のない会社もありますので、そのような場合の年金などは国民年金として自分で支払わなければいけません。
セラピストととして働くなら、正社員としての募集は少なく、アルバイトや業務委託として働くことが多いので、この点も待遇を悪くしている一つです。

歩合制のところ

固定給ではなく歩合制を給与を支給しているお店もあります。
このようなお店なら、その月の給与はお客さんの数に左右されますので、給与は安定しません。
特にこのようなお店なら、働き始めたばかりの頃は給与が低く、セラピストとしての仕事以外に、何か他のバイトをするような方もいます。
仮に技術があり固定客も多いようなお店でも、他店との競争で価格低下を招き、固定客が多い割には手取りが低いというような現象も起きます。

また諸経費を給与から引くようなお店もあります。
たとえばセラピストとして働くときの制服や備品はセラピスト持ちとなるところもあり、その諸経費が毎月給与から引かれます。
交通費なども出ないようなところがありますので、このようなお店だと更に給与は低くなってしまいます。
アロマテラピーをするなら、アロマなどは自費で用意するところもあります。

開業した場合

セラピストとして働き待遇アップを目指すなら、開業するのが一般的な道です。
技術を磨いていき資金を集めれば、そのうち開業することも可能です。
開業してお店を持てばオーナーとなり、収入は雇われている時よりも多いです。
ただし競争の激しいような地域だと、お客を集めるのも大変ですし、顧客単価が下がるので、1店舗では収入があまり上がらずに、複数店を持つようなオーナーもいます。

しかし店舗を持つとなると、それなりの開業資金も必要です。
開業には備品などを揃えたり、人も雇わないといけません。
そこで少ない資金で開業する方法が、自宅の一室をサロンに改装する方法です。
これなら改装費用だけで済み、個人店として営業するならセラピストを雇う必要もありません。
ただしたとえ開業したとしても、お客さんを集めるのが大変なので、どこかのお店で働いているときに人脈を作っていく、口コミを利用して徐々にお客さんを集めていくというようなことをする必要はあります。

セラピストの現状

セラピストは働きやすい

セラピストと言っても、マッサージなどを行うボディ系に気功などを使うメンタル系にカウンセラーに近い心理系と種類があります。
それぞれの状況は違い、現状も多少異なっています。

ボディ系のセラピストは、セラピーというとこれを思い浮かべる人も多く、お店も沢山あります。
そんために働く人も多く、すこし供給過剰気味であるといえます。
多くの方はスクールなどで技術を学び、そしてどこかのお店で働くというのが一般的であり、最初から開業してお店をもちやっていくと言う人は少ないです。

メンタル系のセラピストは、こちらは技術を身につけると、その後すぐに開業する人が多いです。
このために店を持つだけの資金と同時に、営業能力も求められ、顧客を上手く集めていかなければいけません。
また一つお店を持つだけでは収入が苦しく、複数のお店を持っている人がほとんどです。
お店を持つ人も多いのですが、その反面お客集めに苦しむお店も多いです。

心理系のセラピストは、どちらかというと、心理カウンセラーとして働く場合は多いです。
仕事場は、自分でカウンセリング会社を立ち上げる人もいますが、さらに資格を取得して学校や企業で働く人もいます。
その資格が臨床心理士であり、大学卒業後大学院行き、その後資格試験を受けて取得します。
心理系セラピストは、需要は多い方です。

給与は低い

セラピストとして、どこかのお店に雇われて働く場合は、多くのかたは給与は低い場合が多いです。
場合によっては歩合制となり、客が付かないと給与が上がらないようなところもあります。
給与面だけを見て働くとやはり他業種と比べると低く感じますが、それ以外にもセラピストはお客さんに癒しを与えるという大きなやりがいもあります。
これは他の職業にはないことです。

仕事をして技術を磨き固定客が付けば、給与も上がっていき、いずれは独立開業も可能です。
開業すると言っても、店舗を構えるのではなく、自宅などの一室をサロンとして改装し、そこで営業をする人も最近は増えてきました。
これなら開業資金も店舗を持つよりも少なくて済み、開業しやすいです。

セラピストとして仕事をしていく上では、常に技術向上を目指して勉強していくことは大切です。
セラピストの数は多いですが、その分技術が未熟なまま仕事をしているようなセラピストも多く、お客さんに不満を与えるような場合も多いです。
もしもセラピストとして、技術向上を目指すなら、少ないですが関連する資格を取得するのも一つの方法です。
民間団体が発行しているものがあり、国家資格ではないですが、このような資格を取得すれば、一定以上の技術を持っている証明にもなり、お客さんにも安心感を与えます。

セラピストへの転職

セラピストの状況

セラピストは人気のある職業であり、なりたいと言う人は多いです。
特にボディ系のセラピーをを行う人は多く、そのようなお店も巷に溢れています。
供給過剰気味であるといっても良いでしょう。
しかしセラピストはお客さまとの商売なので、技術を向上させコミュニケーションを取っていけば固定客も増えていき、収入が安定することも可能です。

仕事を始めようと思うなら、未経験でも雇って教えてくれるところは少しはありますが、やはり技術がないとすぐに仕事というのは難しいでしょう。
仕事をするには特に資格は必要ないので、技術さえ習得できれば仕事は可能であり、多くのかたはスクールに通って技術と知識を学びます。
他業種からでも転職しやすいでしょう。
ただし待遇面はあまり良くはないので、仕事を辞める人も多いです。

給与は低い

セラピストの給与は低いです。
固定給として給与が毎月支払われるところもありますが、中には歩合制となっているところもあり、お客さんがつかないとそれだけ給与が低くなります。
特に歩合制だと、技術が未熟な間はお客さんも少ないので、固定客が付くまでは、低い給与で働くこととなります。
場合によっては、セラピストだけでは生活できないので、他のバイトをすることもあります。
また福利厚生なども無い場合が多いので、その点は自分で補わないといけません。

しかし技術を磨いていけば、そのうち独立して自分のお店を持つことも可能です。
そうなればオーナーとなり、店が繁盛すれば、その収入はセラピストとして雇われて働いている時とは比べものにならないぐらい、高収入となります。
技術を磨き、人脈を広げていけば、繁盛するお店にすることも出来ます。

セラピストのやりがい

セラピストとして志を持った頃は、収入が低い場合が多いです。
そのような時には、収入面だけを見ると、他の仕事を探そうかと思うような人も出てきますが、セラピストのやりがいは給与だけではありません。
セラピーを行い人に癒しを与えるのが仕事であり、癒しで人の役に立ちたいと思うような人には最適の仕事です。

癒しを与える仕事というのは、サラリーマンやOLなどでは無理であり、特殊な分野の仕事であると言えますが、それだけに癒しを求めて来るお客さんも多く、感謝されることも多いです。
実際に施術を行って、お客さんが癒されて良い方向へ変化していくのをみるのも、嬉しいものです。
このようなことは、他の職業にないことです。
またあなたの技術が上がっていき、お客さんとのコミュニケーションをとって信頼を得ていけば、固定客になるようなこともあります。
そのような時にはあなたでなければ施術して欲しくないと言うような、指名客も出てくるので、それもまた嬉しく感じるでしょう。

セラピストに必要な資格

資格は必要か?

セラピストになるためには、仕事をする上では資格は必要なくても構いません。
資格が無くても仕事をすることができ、技術や知識さえあれば仕事は出来ます。
未経験で働く場合は、資格も技術も何もないと厳しいですが、すでに経験者として再度働くなら技術さえあれば雇ってくれるところはあります。
もしもスクールに通って、そこで技術を学びセラピストとして働こうと思うような場合でも、資格は取得しないで仕事に就くような方も沢山います。

しかしながら、民間団体が発行するものですが、セラピストの資格はあります。
これは国家資格ではなく、民間団体が独自で発行しているものですが、このような資格を取得すると、セラピストとして十分な技術を持っていることの証となりますので、就職する場合には有利に働きます。
技術を磨くためにも取得するという人もいます。

セラピストは資格としてはこの民間の資格しかありませんが、数多くいるセラピストの中には、技術が未熟なまま仕事をしている人もいます。
そのようなことを避けるためにも、セラピストとして確かな技術を持ち仕事に就いているという証明にもなり、お客さんにも安心感を与えます。

セラピストの資格

セラピストの資格としてはいくつか種類があります。
まずアロマテラピーアドバイザーです。
日本アロマ環境協会が認定している資格であり、アロマテラピーを使ってセラピーをしたい人向けの資格です。
これはアドバイザーとインストラクターの2種類あります。

アドバイザーはアロマテラピー検定の上位資格です。
アロマテラピー検定1級に合格すると、アドバイザーの講習会かスクールに通うことで与えられます。
そしてこの資格を得ると、インストラクターやアロマテラピスとの試験を受けれます。
これらの資格はアロマテラピーを行うときには必須ではなく、資格があれば就職で有利に働きます。
中にはスクールによっては、この資格取得を目指さずに、独自の技術で教えているようなところもあります。

そしてもう一つの資格が臨床心理士です。
これは心理セラピーや心理カウンセラーを行うときは必須の資格であり、こちらはこのような仕事をするときには必ず取得しないといけません。
資格取得方法は、心理学科の大学を卒業し、大学院で心理学を専攻し、その後試験を受ける道が一般的です。

資格を取得すると企業や学校や福祉施設で働くことが出来るようになり、患者への施術が認められます。
セラピストとはまったく違う仕事であり、医師の指導の下で時には精神療法を行うこともあり、治療行為を行うこともあるのです。
心理学を学んで心理療法などを行いたいと思うような場合には、この資格取得を目指すのも良いかもしれません。

セラピストに向いてる人

セラピストの役割

セラピストはお客さんに対してセラピーを行うのが仕事であり、その内容は様々です。
セラピーでは医療行為や手術は行わずに薬も使いません。
マッサージなどの療法やカウンセリングなどを行って、体と心の疲れを癒すのが目的です。
そのためにはお客さんとの信頼関係は重要であり、適当な施術は行えません。

セラピーは医療ではないので、治療ということではなく改善するのが目的です。
ただし、施術を補助する目的でアロマや音楽などを使うことはあります。
また心理セラピーでは、精神疾患を抱えたようなお客さんは、セラピストではなくカウンセラーや精神科医に任せるべきなのです。
この線引きもしっかりと行わなければいけません。
カウンセラーは対象者の精神的な問題を解決することを目的としますが、心理セラピストは対象者を癒すことも目的としており、この2つは明確な違いがあります。

セラピストになるための資質

セラピストになろうと思うなら、まずは人と接することが好きだったり得意だったりすることは必要です。
どのようなセラピーを行うにしても、必ずお客さんへの接客は必要です。
お客さんとは会話をする必要があり、楽しい会話が出来ればお客さんも快適です。
また施術内容を説明することも必要なので、お客さんに明確に説明できなければいけません。
質問もくる場合もあるので、質問にも答える必要があります。

施術ではマッサージなどを行うようになりますので、体力も必要となるでしょう。
体や心に問題を抱えているような人がお客さんとしてきますので、セラピストは精神的も辛い場合もあるでしょうから、それを乗り越えられる強い精神も必要です。
場合によってはクレームもくるかもしれません。
セラピスト自身が体調を崩したり、風邪を引いたりしたときは、多少の熱でもお客さんに嫌われることもありますので、そのような場合は仕事に就けないところが多いです。

施術を行うときは、もちろんセラピストの知識を活かしますが、まずはお客さんがどこにどんな問題を抱えているのか知る必要があり、カウンセリングやヒアリングが必要です。
その中でお客さんの話を上手く聞いてあげられるようなことも必要であり、お客さんの気持ちを考えられるようではないといけません。
いくらセラピストが専門的な知識を持っているからといって、それをお客さんに押しつけるようではいけません。

セラピストになったとしたら、毎日のセラピーの中でも、日々勉強をしていくことは必要でしょう。
技術を日々磨いて向上させていくことを怠ってはならず、またセラピーの世界も日々進歩しているので新しい技術を取り入れるようなことも必要です。
向上心をもって勉強熱心であることも大切です。

セラピストの学校

セラピストになるために

セラピストになろうとするなら、道は大きく2つあります。
一つはサロンやセラピーを行っているお店に就職し、そこで技術を磨いていく方法です。
この場合は、もしもセラピストとして未経験なら、未経験可というところを探さなくてはなりません。

そしてもう一つの方法は学校へ行って技術と知識を学んで、その後セラピストとして働く方法です。
セラピストと言ってもボディ系から心理系にメンタル系やまたは資格を取得しないと働けない臨床心理士もあります。
どのようなセラピストになりたいか、まずは具体的なイメージを持ち、そしてそのようなセラピストになるには、学べるスクールがあるかどうか調べると良いでしょう。

セラピストになるための学校

まずボディ系のセラピストの学校なら沢山あります。
学校には週1回から2回ほど通い、早くて数ヶ月長くて1年ほどで卒業です。
このボディ系のスクールはとにかく数が多く、新規参入するスクールも多く、そのために学校毎に技術が違います。
中には、中途半端にしか技術を教えないところもあるので、学校選びは重要です。
アロマの知識なども必要なので、しっかりとカリキュラムを組んでいるところに行くのが良いです。

心理系のセラピストの学校なら、学校が多く、また一般的な心理セラピーの他にアートセラピーや音楽セラピーなどを教えている学校もあります。
心理セラピストと言っても、どのようなセラピーをしたいかでその施術内容も変わってきますので、こちらもまずは何をしたいか具体的に決めるべきでしょう。
それをふまえた上で自分のしたいことを教えてくれる学校を探すべきです。

メンタル系のセラピストなら、こちらはカウンセラーに近いような感じとなります。
専門の資格を発行しているような団体の講座などを受けると技術を学べます。
様々な手法が確立されていますので、まずはその講座で何を学べるか調べて、納得したら講座を受けてみましょう。

そして臨床心理士です。
こちらは、公的にも資格として発行されているものであり、この資格をとれば学校や企業などの心理カウンセラーになれます。
上記のボディセラピストなどとは、仕事場も仕事内容もまったく違います。
この資格を取得するなら、まずは4年制大学を卒業し、その後大学に行って心理学を専攻し、そして臨床心理士の試験に合格しないといけません。

養成学校というと、中には短期間の受講で卒業できるような学校もあります。
早いと1日だけ受講すれば修了するような学校もありますが、このようなスクールは、とうぜん習う期間が短いので十分に技術を得られない場合がほとんどです。
このような学校で習っても、実際の仕事ではあまり役には立たないでしょう。